2015年12月29日

目にブルーベリーが効果的なのか

目の疲れを感じやすく悩んでいる。そんなかたにおすすめなのがルテインを多く含むブルーベリー。ルテインとはカロチノイドの一種で体内に吸収されると、その多くが目の網膜と水晶体に蓄積されます。ルテインは強い抗酸化力を持ち、視力を支えるうえで大切な水晶体や網膜の酸化を防ぐ働きがあります。

ところでブルベリー以外にも効果的なものがあります。それがなんとカシスなのです。カシスには、眼精疲労を回復させる作用があることが知られているのですが、それだけではありません。血流を改善する働きもあるのです。

また失明の大きな原因になっている目の疾患として緑内障がありますが、この治療にカシスに含まれる成分が効果があるらしいです。カシスに含まれるアントシアニンが緑内障を抑制する効果があるのではないかと考えられています。

それからほかにもあります。黒大豆ポリフェノールともよばれている黒大豆種皮エキスには、抗酸化作用があります。そのため目だけではなく、アンチエイジング効果も期待されています。

目とは全然関係ありませんが、センナという植物をご存じでしょうか。便秘にセンナは安全なのか? ちょっと気になります。
  


Posted by 余暇ヒマ男 at 13:39視力

2015年05月10日

キャベツを使ってダイエット

キャベツダイエットというダイエット法がありますが、キャベツには食物繊維が多くビタミンも豊富です。またミネラルも多いです。また生のキャベツはよく噛まないと食べることができないのでダイエットには効果的なのです。

1個を8分の1くらいの大きさに切って味噌をつけて食べるのがおすすめ。小さく切らないのは噛む回数を増やすためです。食事の前に10分ぐらい時間をかけてキャベツを食べ、それからおかずやご飯を食べます。キャベツを食べることでごはん1杯分くらいの満足感が得られます。

そういえば夏はそうめんを食べることが多いですが、なぜか食べ過ぎてしまいます。噛まずに食べてしまうため、これでは食べ過ぎて太ってしまうのは当たり前なのです。おかずに噛まないと食べられないものを添えるようにしましょう。

またキャベツには意外に食物繊維はありません。一日の食物繊維の推奨摂取量が20~25g程度であるのに対して、キャベツ100g当たり食物繊維1.8gです。1個丸ごと(1㎏と仮定)でも足りません。100g当たりモロヘイヤだと5.9、ブロッコリーだと3.7です。それでもキャベツは魅力がいっぱいです。ビタミンC、ビタミンK、ビタミンUなどビタミンが豊富なのです。

でもキャベツばっかりでは栄養が偏るのでバランスのとれた食事も大切です。
  


Posted by 余暇ヒマ男 at 22:16食物繊維

2015年05月10日

こんにゃくはヘルシーなだけではなかった

こんにゃくが健康に良いと言うのはいまや常識。低カロリーでダイエット効果があり、しかも食物繊維やカルシウムが豊富にふくまれています。

ところがそれだけではありませんでした。乾燥肌にも効果があるといわれています。乾燥肌の改善には肌の中で水分を保持する役割をする物質を増やすことが必要です。そのなかにセラミドがあります。セラミドは肌の角質層で細胞と細胞のなかに存在し水分や油分を抱えこんでいる物質です。こんにゃくにはセラミドが多く含まれているのです。

こんにゃく芋のセラミド含有量は、米の7から15倍といわれています。また余分なメラニン色素を抑制する働きがあり美白にも効果が期待できます。アレルギー物質の侵入を防ぐ役割もあります。そして食物繊維が多いため、便秘解消に効果のある食べ物でもあるのです。

ただ食事をこんにゃくだけにするという極端なことはやめましょう。食物繊維が多いため消化はあまりよくありません。一度に大量にとると消化しきれずにこれが原因で腸閉そくを起こすこともあります。でもこんな心配をする必要があるのは1日に1キログラム以上のこんにゃくを食べるという極端な人だけです。

食事をこんにゃくだけで済ませるなど極端な食べ方さえしなければヘルシーな食べ物なのです。

乳酸菌革命、その効果の秘密は?
乳酸菌と食物繊維には腸内環境を改善する効果があります。腸内環境を整えるために乳酸菌とセットで摂取することが理想です。

腸内細菌と免疫の関係
なんと乳酸菌などの腸内細菌は免疫にも影響を与えているようです。実際、便秘などで腸内環境が悪化しているときは風邪などをひきやすいものです。
  


Posted by 余暇ヒマ男 at 01:46食物繊維

2014年10月25日

炭酸せんべいというのがあるらしい

兵庫県神戸市の有馬温泉、兵庫県宝塚市の宝塚温泉の名産として、炭酸せんべいがあります。原料に温泉の炭酸泉水が使われています。有馬温泉といえば日本最古の温泉で名湯として昔から評判です。温泉の成分を調査したところ、炭酸が含まれていることが判明しました。温泉の湯を使ってなにか名産を作ることはできないかと考えて作られたのが炭酸せんべいです。

普通のせんべいと違って、モナカの皮のような色をしています。厚さは1ミリ程度と薄く、表面はデコボコしています。作り方は小麦粉、砂糖、でんぷん、食塩、重曹などに温泉の炭酸泉水を加えます。材料をどのように配合するかは店の工夫のみせどころで、店独自の味をだしています。

自分で炭酸せんべいを作るときは重曹の入れすぎに注意。重曹は炭酸水素ナトリウムで、加熱することで炭酸ナトリウム、二酸化炭素、水に分解することでせんべいを膨らませることができるのですが、入れすぎると苦くなります。
  


Posted by 余暇ヒマ男 at 11:57

2014年10月24日

10代での紫外線ケアが大切

10代の若いときであっても紫外線ケアは必要です。若いと新陳代謝が活発なのであまりケアする必要はないのではないかと考えている人もいますが、このときに浴びてしまった紫外線は10~20年後に肌のトラブルとしてあらわれます。

紫外線に当たると日焼けをおこして肌が黒くなります。これは肌を守るためにメラニン色素ができたからです。メラニンは不要になったら新陳代謝で自然に肌の中からなくなっていきます。ところがこのメラニンがうまく排出されずに肌のなかに残ることがあります。そしてこれがシミの原因になります。

たくさんの紫外線を浴びると、紫外線を浴びていないときでも肌の中で必要のないメラニンの生成がおこなわれることになります。そして新陳代謝が低下するころにシミとなってあらわれるのです。

このようなことを避けるためにも若いときの紫外線ケアが必要なのです。たしかに適度な紫外線は必要です。でもそれなら1日10分で十分です。それ以上になると紫外線が肌にあたえる悪影響のほうが大きくなります。40代、50代になったときに肌トラブルで悩まされないためにも10代のうちに対策はしておきましょう。
  


Posted by 余暇ヒマ男 at 05:12紫外線

2014年10月23日

オルソケラトロジーという視力矯正法

視力回復手術としてレーシックがありますが、手術をしないで視力を回復する方法もあります。それがオルソケラトロジーです。

あるアメリカの眼科医が、ハードコンタクトレンズを使用しているとレンズをしていないときの視力も回復していることがあることに気づきました。なぜ視力が回復するのでしょうか。その眼科医はコンタクトレンズによって角膜が変形されたからではないかと考え、そのためののコンタクトレンズを開発しました。これがオルソケラトロジーの出発点です。

オルソケラトロジーで使用するコンタクトレンズは普通のコンタクトレンズとちがって中央部分が平らになっています。これで角膜をプレスすることによって光の屈折を変えて視力を矯正しようとしています。レーシックとちがって手術をすることはないので危険性がありません。

オルソケラトロジーで使用するハードコンタクトレンズは、寝るときも着用したままになります。そうなるとレンズによって角膜に酸素が十分に届けられないかもしれません。オルソケラトロジーで使うレンズは酸素を透過するかどうかの検証が必要になります。またこの方法では裸眼視力の向上は一時的なものにとどまり、恒久的なものではありません。
  


Posted by 余暇ヒマ男 at 20:53視力

2014年10月23日

視力回復はレーシック?

視力回復方法としてレーシックがあります。近視は目のピントが合っていないため遠くがうまく見えません。眼鏡やコンタクトレンズを使うのではなく、目の角膜をレーザーを使って削ることで屈折率を変えることでピントが合った状態に戻すのがレーシックという方法です。

ところでレーシックでどのくらい視力は回復できるのでしょうか。95%以上の人が1.0以上に回復するといわれています。手術から効果があらわれるまでは1ヶ月程度。これくらいの期間があれば完全に視力は回復し安定します。

また手術にかかる時間も15分から20分くらい、非常に短いのが特徴です。入院も必要ありません。手術したあとは光がまぶしく感じることがあります。ただ手術後は目に負担がかかるようなことは厳禁です。

目の手術なので失明する危険性があるのではないかと心配しているかたがいますが、失敗して失明したということは日本国内では1例もありません。レーシックで思ったほど視力が回復しなかったという意味での失敗はありますが、失明の危険性は無いと断言してもかまいません。
  


Posted by 余暇ヒマ男 at 17:02視力